ワイヤー加工・設備紹介|プレス工業 正栄工業株式会社|ワイヤー放電加工機・CNC・NC旋盤・アーク溶接・プレス機

設備紹介

設備紹介 > ワイヤーカット設備

TOP > 
ワイヤー加工
ワイヤーカット技術によりワイヤー目がない金型製作が可能になり、板厚0.05㎜のプレス加工を可能にしました。
高度な技術が必要とされるワイヤーカットですが、当社のワイヤーカット技術においては、
創業当初からお客様には評価をいただいております。
その高い技術力とともに、品質とサービスのクオリティも低下させることなく、より向上を求めております。
ワイヤーカットは熟練した経験豊富な技術者が、こだわりを持って対応しております。
今まさに正栄は新たな展開を行うべく、グローバリゼーションを行っていますが、
技術者たちは変わらないこだわりを持ち続けています。
これが正栄の基本部分を支えています。

ワイヤー放電加工機

image高度な技術が必要とされるワイヤーカットですが、
設備面においてのワイヤーカット機には歴史と実績があり、
そのワイヤーカット技術においても定評があります。
ご存知のように、ワイヤーカットには経験豊富な技術者が不可欠です。
正栄はこれまでの実績と評価に甘んじることなく、日々向上を目指します。
AP-330 ソディック製 1台
A-500 ソディック製 1台
ロボカット α-C600iA ファナック製 1台

正栄工業の技術 「溶接」

image正栄工業は金型製作~プレス加工~アーク溶接、スポット溶接まで一貫生産体制が
整っております。
ロボット溶接導入でよりスピーディーに、より綺麗に仕上げます。
アルメガ AX-V6   ダイヘン社   1台  
DM350 ダイヘン製 1台
DM350 ダイヘン製 1台
image  
YR-350SA2 Panasonic社   4台  
SL-AJ35-600形 ダイヘン製 2台
NDZ-035-46ABQ-A-B 電元製 1台
imageプレス加工品には2次的な加工・処理が存在しますが、
特に自動車関連部品ではメッキ・溶接・カシメ・ジオメットなど、
様々な処理が存在します。
プレス加工では、細かい技術、細かな対応力が必要です。
プレス加工による自動車部品は、当社の中でもニーズが多い商品群の一つです。
当社の製品は、各製品の製造はもちろんのこと、プレス自動化システムにより
徹底した自動化生産システムの流れをとっています。
よって、単に部品だけではなく、ユニットにして納品することが可能となります。
正栄工業は完全に、24時間自動運転・自動停止システムによる製品製作を目指しております。
プレス加工技術は、正栄の60年の変わらないこだわりからくる品質の高さと実績から、
おかげさまで評価をいただき続けています。
自動車関連部品については、より高い精度とクオリティが求められています。
そして単に部品を製造するだけのお付き合いから、さらなる企画・開発を提案できる企業のニーズも
高まっている昨今です。そんなニーズをも、正栄工業は次へのお客様満足へと結び付けたいと考えています。
当社では自社や関連会社の協力の下、お客様のご要望に対応すべく工程を設けております。
製品ごとのイレギュラーなご相談にも対応させて頂きますので、ぜひ当社までご連絡いただければと思います。
【問合せ先:Tel: 044-522-1481】

主要製品

  • image  
  • image  
  • image  
  • image  
  • image  
  • image  
ページ先頭へ戻る

(c) Shoei-kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.