生産工程・技術紹介|プレス工業 正栄工業株式会社|金型設計・製作・試作/量産・工程改善

技術紹介

技術紹介 >技術者の横顔

TOP > 
生産工程|技術紹介
image

正栄工業はプレス金型製作において、営業、生産管理、
生産技術、金型課、品質管理課の各部門において
専門担当を取り決めます。
各部門で直接お客様とやり取りを行わせて頂くことで、
最短でそして正確に打ち合わせが済まされます。
工場内は生産管理が主となって各専門担当者をまとめ、
連携をとって情報を共有してゆきます。
生産管理はプレス加工品のメッキ等の2次加工においても
                     協力会社への手配、管理を担当し円滑な流れを形成しております。

工程説明

①出図

image
お客様より頂きました、2D図・3D図 CADデータにて
最新のCADシステムを使用し、図面検討を行います。

②打ち合わせ

お客様と図面打合せを行います。
製品設計者と金型設計者が面談にて打合せることが好ましい。
技術的な問題点を提示説明し理解を得る。
製品設計側はその部品の使用方法を説明させて頂き、ムダによるコスト低減に協力する。
必要に応じ、測定方法や量産時管理ポイント等も打合せします。

③展開図

image
製品を展開し、更に詳細な問題点を摘出し製品設計者と適時連絡致します。
量産安定性を追求致します。
片側公差のネライ値を十分考慮する。
変形要因のある部分は、変化量を加味し寸法を変える。

④レイアウト

image
金型を起工するにあたり、レイアウトの製作を行います。
製品の使用方法に沿って、マッチングの位置を検討します。
金型起工前には、マッチング図にてお客様との最終打合せお行います。

⑤金型設計

image
金型部品の設計図を作成します。
プレート・パンチ・入駒の加工図を製図します。
CAD/CAMデータにて、各工程への作業指示を行います。

⑥金型部品製作

image
金型設計図をもとに金型部品(プレート類)を製作致します。
各工程を効率良く行うことにより、納期の短縮を図ります。

金型加工用工作機械
マシニングセンター
放電加工機・ワイヤーカット放電加工機
治具研削盤・成形研削盤・平面研削盤
フライス盤・旋盤・ボール盤 等
熱処理・真空炉・電気炉・焼き戻し炉
ポイント
パンチ、ダイの作り込みによって、部品として満足出来る精度が得られます。
パンチ、ダイは上型/下型に配置されます。
上型と下型の関係精度を作る「ガイドポスト」「ガイドブッシュ」も
金型精度には重要な役割を持ってきます。
パンチをストリッパーでパンチガイドすることを考えれば、
ストリッパーガイドやストリッパボルトの作りこみも関連してきます。

⑦金型組立

image
製作した部品及び購入標準部品をにて金型を組立てます。
組立て時には、部品の仕上がり確認、機械加工で不備な部分の
調整を行います。
摺動部については、スムーズにガタツキが無く摺動する事。
はめ合い部についても、ガタツキが無く、
しっくりと勘合されることを確認します。

⑧トライ

image
量産時に使用する機械と材料にて試打ちを行います。
作業時の条件表を作成し、再SET UP時の作業条件を再現します。
お客様よりのご要望が有る場合には、製品設計者の立合いが可能です。
製品の曲げ等のあたり確認、曲げ直角度、平面度等の確認。
量産時の安定性を重点的に確認致します。

⑨寸法測定・金型検定

image
トライにて外観が良好であれば、寸法の測定を行います。
測定時には、測定手順を作成します。

NG部の修正を行い再度トライを行う。
測定データを添付し、サンプルを製品設計者に提出し合否の判定を得る。
QC工程表・P-FMEA・Control Plan関連の資料を作成し提出する。

⑩量産移行

image
お客様より、金型検定サンプルの合格を承認頂きましたら、
量産移行を行います。
PP生産・MP生産等を行い、不安定要因の洗い出しを行います。
製品が安定した状態で量産出来る事を確認し、社内量産移行を行います。
ポイント
この過程での重要POINTとして、試作時の問題点や、金型取り扱い上の注意点、製品の特性等について明確に量産部門に伝える事。
又、検査基準・工程確認書等に注意点を記載し再発の予防を行うことが初期流動時の重要POINT です。
ページ先頭へ戻る

(c) Shoei-kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.