プレス工業 正栄工業株式会社|プレス用語集

プレス用語集

プレス用語集

TOP > 

あ行

アイドル
直接加工を行わない遊び部。
圧入
棒やピンの直径より小さな穴に圧力を加えてはめ込む締結法。
打ち抜き加工
所要の形をした平板を得る加工で別名ブランキングと呼ぶ。
エッチング
化学薬品などの腐食作用を応用した塑形ないし表面加工の技法。使用する素材の必要部分にのみ防食処理を施し、腐食剤によって不要部分を除去することで目的形状のものを得る。
O曲げ
曲げ形状をO形にする加工。
送り曲げ
曲げロールで板を送りながら曲げる方法。
押え曲げ
材料一端を上下の型で押えながら曲げる加工。

か行

カーオーディオ
昔と違って装備されていて当たり前の製品であり、利用者それぞれに好みの製品を選んで使用されています。当社も高品質のものを、提供させていただいています。
カーナビゲーション
自動車に積載し、その現在位置や走行する方向などの情報を、運転者に伝えるもので、コンピューターと電波とGPSを利用します。現在は当社の取扱製品の中でも、最も需要のある製品となっています。
カール曲げ
板材の縁を丸く巻き込む曲げ加工。
カーリング
管材の縁に沿って丸く巻き込む加工。
返し抜き
定尺材で先に片側を抜き、その後に材料を反転して抜くようにした方法で材料歩留の向上を計れる。
かしめ
材料の一部をつぶし2つ以上の部品を接合させること。
かじり
ポンチ、ダイが接触する不良現象。それによるキズ。
型曲げ
ポンチやダイを用いて行う曲げ加工。
カム曲げ
カム機構を利用した曲げ加工。
逆絞り
初絞りの際の絞り方向とは逆方向に絞る再絞り加工。
クランクプレス
クランク機構によりスライド駆動するプレス。
コイニング
被加工材を高圧力で圧縮しながら加工する方法。
刻印
記号、文字、模様などを刻むこと。

さ行

仕上げ打ち
ある程度加工された製品を型で押してさらに寸法精度を出す加工。
しごき
肉厚を多少薄くし(こすり)、その表面をなめらかにする作業。
絞り加工
金属に圧力をかけて引き伸ばす加工。
シャーシ
部品製造の際に使用される言葉で、骨組みや基盤のことです。
スケルトン
レイアウトを形にしたもの。またはそのサンプル。
スタンピング
プレス加工、型鍛造をさす。また、密閉型によるコイニング、エンボス成形のこともさす。
ステージ
送り加工などの1ピッチ当たりの加工部位。
ストローク
プレスのスライドが上限の位置から下限の位置までに移動した長さ。
スピニング加工
平板から回転対称形状の容器を作り出す加工。
スプリングバック
曲げその他の加工後、工具が材料を離れたときに生ずる弾性的回復。
スライダー
機械の滑動部のこと。
Z曲げ
Z形に曲げる加工。

た行

ダイ
ダイとは、プレス作業に必要な工具の総称。
W曲げ
曲げ断面形状がW形になる曲げ。
だれ
せん断加工された断面のパンチ側に生じる丸み。
段曲げ
段になるように曲げる加工。
トランスファプレス
トランスファ送り機構を内臓したプレス。
トリミング
製品の口縁部の不要部分を切断する作業。

な行

逃げ
スクラップ、ブランクがひっからないで落下するようにダイスにつける逃がし。
ノッチング
素材の周縁からいろいろな形状のスクラップを除去する加工。

は行

バーリング
材料に下穴をあけ、穴の縁を円筒状に伸びフランジ加工すること。
ハイトブロック
型のシャイトハイトを決めるべく、ダイホルダー上に付けられる棒状の高さゲージ。
ばり
せん断切口面に生じる小さいまくれの部分。
ヒンジ
摺動する蝶番(ちょうつがい)のことです。携帯電話の部品などにも使用されています。
ピンチロール
材料を上下から一定の圧力で押さえ、正しい方向に送られるように規制するロール。
フープ
コイル材料。
プーリ
ベルトにかかっている部品のことで、自動車のエンジン部分などに使用されています。
V曲げ
断面形状がV形の曲げ。
フライス加工
回転している工具に,バイス(万力)に固定した材料を当てて加工する方法。
ブランク
プレス作業のために打ち抜きあるいは切断した板状のもの。
フランジ
部品の周囲に付いているつば。
プリンター
コンピュータからのデータを紙に印刷するための装置。当社でも長年製造実績がある製品の一つです。
へこみ
くぼみをもつ不良現象。
ヘミング曲げ
安全性を高めたり、補強や美観を高める等を目的として行う曲げ加工。
ホルダー
上下型をそれぞれ保持する取り付け台。
ポンチ
ダイに対応する部品。ダイと噛み合うと所要の仕事をする。

まやらわ行

マッチング
つなぎ部分に2度切りすることでバリ発生防止をさせる加工方法。
ミスパンチ
送り不良等で正しく作業できなかった不良現象。
U曲げ
U形に曲げる加工。
リブ
加工品に対して補強するためにつける成形部品。
レベラー
ロールを交互に上下に配置して、帯板に反復した曲げ変形をあたえ平らな状態のまま送り、局部的なひずみをなくすようにした矯正機。
ロール曲げ
3本以上のロール間に材料を入れて曲げる加工。
割れ
破断。被加工材の強度不足、延性不足などが起因。
ページ先頭へ戻る

(c) Shoei-kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.