技術情報[生産工程]

  • TOP
  • 技術情報[生産工程]

生産工程

生産体制 見出し

生産工程 組織図

工程説明 見出し

①出図
出図

お客様より頂きました、2D図・3D図 CADデータにて、最新のCADシステムを使用し、図面検討を行います。

②打ち合わせ

お客様と直接の図面打合せを行います。
技術的な問題点を提示説明させて頂きます。
必要に応じ、測定方法や量産時管理ポイント等も打合せします。

③展開図
③展開図

製品を展開し、更に詳細な問題点を摘出し製品設計者と適時連絡致します。
そうすることで量産安定性を追求致します。

④レイアウト
④レイアウト

金型を起工するにあたり、レイアウトの製作を行います。
製品の使用方法に沿って、マッチングの位置を検討します。
金型起工前には、マッチング図にてお客様との最終打合せお行います。

⑤金型設計
⑤金型設計

金型部品の設計図を作成します。
プレート・パンチ・入駒の加工図を製図します。
CAD/CAMデータにて、各工程への作業指示を行います。

⑥金型部品製作
⑥金型部品製作

金型設計図をもとに金型部品(プレート類)を製作致します。
各工程を効率良く行うことにより、納期の短縮を図ります。

金型加工用工作機械
マシニングセンター
放電加工機・ワイヤーカット放電加工機
治具研削盤・成形研削盤・平面研削盤
フライス盤・旋盤・ボール盤 等
熱処理・真空炉・電気炉・焼き戻し炉

⑦金型組立
⑦金型組立

製作した部品及び購入標準部品をにて金型を組立てます。
組立て時には、部品の仕上がり確認、機械加工で不備な部分の調整を行います。

⑧トライ
⑧トライ

量産時に使用する機械と材料にて試打ちを行います。
作業時の条件表を作成し、再SET UP時の作業条件を再現します。
お客様よりのご要望が有る場合には、製品設計者の立合いが可能です。
量産時の安定性を重点的に確認致します。

⑨寸法測定・金型検定
⑨寸法測定・金型検定

トライにて外観が良好であれば、寸法の測定を行います。
測定時には、測定手順を作成します。

⑩量産移行
⑩量産移行

お客様より、金型検定サンプルの合格を承認頂きましたら、量産移行を行います。
PP生産・MP生産等を行い、不安定要因の洗い出しを行います。
製品が安定した状態で量産出来る事を確認し、社内量産移行を行います。

ページ上部へ戻る